Home > 集スト被害 in 日本

集スト被害 in 日本 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

日本での集団ストーカー被害 概要


この被害に遭ったトラウマで、日本で正常な生活を送る自信がありません


5月半ば   身内の死で急遽ドイツから日本へ戻る
最初     超VIP待遇の集団ストーキングに遭遇 強い電磁波照射 
        自殺誘導 混乱に落とし込まれて鬱になる
1週間~   鬱っぽい状態が続くも少しずつ集ストに関する情報を集め始める
1ヶ月
~3ヵ月   次第に耐性がつき鬱から抜けるものの、自分をコントロールするのに精一杯 
8月頭    ドイツへ戻る


私の場合、集団ストーキングの始まりが一番被害の酷い超VIP待遇だったために、すぐに自殺に誘導されました。集団ストーキングについて何の予備知識もないうちに、ただでさえ身内の死のショック、急な帰国による時差ボケ・逆カルチャーショックで混乱しているところにさらにダメージを加えられ、最初は本当にパニック状態になりました。その後、なんとか落ち着きを取り戻しましたが未だにトラウマは強く残っています。

Home > 集スト被害 in 日本

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。