Home > スポンサー広告 > Mind Control Victims Japan 始めます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

世田谷 URL 2008-09-26 (金) 22:22

こちらのblogにも足跡を残して下さってありがとうございます。
今回モクレンさんのblogにリンクを張らせて頂きました。

エントリーにて詳細を説明してあるのですが、手紙はほぼ何の解決にも至りませんでした。
僅か1日、多少安息の日を齎しただけで終わってしまいましたね。

結局、日本の創価がメインの電磁波テロ犯罪に遭遇している被害者は2種類に分かれ、単なる私怨での
電磁波テロなのか、それとも50年以上に渡る人体実験の被害なのかに分類出来ると考えています。
この後者に至っては、何が起ころうが日本国内にいる限り末端の加害者は電磁波テロを止める事はないと
今回証明されたようなものです。

我が家の被害は隠しようもなく後者なので、最早人間として多少でもまとも(最低でも安心して衣服が着用
出来る)環境とする為には、国を捨てるしか選択肢はないようですので、近々行動に移します。
憲法9条は日本国民の精神状況を悪化させただけなのだと、今回思い知りました。

自分の政治活動から実態が見え始めましたが、日本そのものが巨大な実験場のようなものと考えられそう
ですね。

空港の件は私の場合は羽田そのものでやられました。
当時でも最大の人員数を動員して(家族単位で)チケットを買わせ、私の移動を阻んで来ました。
単なる妨害ではなく、前日からはっきりと「処分する」と創価側の人間から発言されてますので、その夜こそ
絶対に殺すつもりだったようです。

モクレン URL 2008-09-27 (土) 22:22

世田谷さん

ブログへのリンクどうもありがとうございました。
手紙を出しても平気でしたか、加害者は…。本当にばれなければ何でもやるんですね。
人間性というものを信じられなくなります。

私も日本で被害を受けていたときは近隣加害者とそ知らぬ顔で付き合っていました。
当時は本当に何もできなかったんです。
日本の加害行為の激しさは本当におかしいです。
普通の人間のふりをして生活していながら裏では殺人行為をしている人間が
あちこちにいる世界にいつの間にかなっていたなんて、本当に信じたくありません。
大人数で人間を狩る思想は狩猟民族っぽい感じがします。

海外脱出の件、なにかお役にたてそうなことがありましたらご連絡ください。
今はまだ大変でしょうが、希望は必ずあるはずです。
一日も早く世田谷さんの被害が軽くなることを願っています。

2008-11-29 (土) 20:02

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://gangstalkinginde.blog59.fc2.com/tb.php/40-04061477
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 集団ストーカー in ドイツ
Trackback from 2012-10-27 (土) 14:23

-

管理人の承認後に表示されます (more…)

Home > スポンサー広告 > Mind Control Victims Japan 始めます

Home > 連絡 > Mind Control Victims Japan 始めます

Mind Control Victims Japan 始めます

やはりとりあえず一度やってみたいと思います。

投票、コメント頂いた方々に心から感謝いたします。ご意見もとても参考になります。
今後もどうかよろしくお願いいたします。

実際の開始までにはもう少し整理したいこともあるので時間がかかりますが、取り急ぎブログアドレスをお伝えします。

Mind Control Victims JP/集団ストーカー被害者の声
http://mindcontrolvictimsjp.blogspot.com/

-------

先週末はドイツ国内をちょっと移動していました。特に気になることもなく(気にしないようにしているので)、快適に過ごせました。監視はされていたのではないかと思います。

ドイツ国内でも被害者としての活動を始めています。
私が気になったのは次の3点です(コメントとして投稿した部分より引用します)。
--
1.サイエントロジーはシュタージの Operative Psychologie メソッドを教団批判者に利用している
  (政府発行のサイエントロジーに関するパンフレットより)
2.元シュタージ関係者は企業などに雇われてジャーナリストの尾行・監視などあいかわらず秘密警察的なことをしている
 (der Spiegel より)
3.シュタージ被害者の会は集団ストーキングの存在を認識している

この 3が被害者には強みだと思います。シュタージの被害にあっていた人が本当に精神病か何かだったのか、多くのドイツ人は知っているはずです。無実の人間が権力によってどういう目にあうのかよく知っているのはドイツ人自身です。ドイツには過去の経験があります。それが今後の展開に有利に働くのではと思っています。

私もシュタージ被害者の会とコンタクトを取り始めました。カルトの関与は考えていなさそうでした。会はドイツ国内で30名ほど集団ストーキングの被害者を確認しているそうです。
--

Operative Psychologie というのはいわゆるガスライティングなどの心理的工作のことで、ドイツではこの単語が一般の方の説明に用いられることがあるようです。1の政府資料はなかなか興味深いものでしたので、また後でご紹介したいと思います。

今回、私自身がシュタージの手法による被害者となったことで、かつて本当にシュタージに被害にあった方の報告を読むことが増えました。そのたびにやりきれない思いになります。

そして、当時と同じことが今もまだ行われているということに、シュタージ被害者の方々は気付いています。もはや集団ストーキングは「存在するのかどうか」の問題ではなくなってきているように思います。シュタージ工作の犯罪性を身をもって知っている方々が、新たなる被害者のために動こうとしてくださっています。新聞に広告を出し、加害者からの情報を募集もしています。これがドイツの現状です。

世界にはこのような動きがあります。もう今更、被害者の声を押し殺そうとしても遅い段階に入ってきているように感じます。この動きはさらに活発になるでしょう。日本の現状が被害者にとって非常に厳しいものだとしても、海外のどこかでは事は進んでいて、その圧力は必ず日本にも届くと信じています。

★お知らせ★
バッカス&ミューズの内山さんが、年内12月に被害報告の本を発行なさるそうです。これは被害者にとって大きな意味をもつことではないでしょうか。
応援の意味を込めてこのブログでもご紹介したいと思います。
http://johannes0507.cocolog-nifty.com/blog/
スポンサーサイト

Comments:3

世田谷 URL 2008-09-26 (金) 22:22

こちらのblogにも足跡を残して下さってありがとうございます。
今回モクレンさんのblogにリンクを張らせて頂きました。

エントリーにて詳細を説明してあるのですが、手紙はほぼ何の解決にも至りませんでした。
僅か1日、多少安息の日を齎しただけで終わってしまいましたね。

結局、日本の創価がメインの電磁波テロ犯罪に遭遇している被害者は2種類に分かれ、単なる私怨での
電磁波テロなのか、それとも50年以上に渡る人体実験の被害なのかに分類出来ると考えています。
この後者に至っては、何が起ころうが日本国内にいる限り末端の加害者は電磁波テロを止める事はないと
今回証明されたようなものです。

我が家の被害は隠しようもなく後者なので、最早人間として多少でもまとも(最低でも安心して衣服が着用
出来る)環境とする為には、国を捨てるしか選択肢はないようですので、近々行動に移します。
憲法9条は日本国民の精神状況を悪化させただけなのだと、今回思い知りました。

自分の政治活動から実態が見え始めましたが、日本そのものが巨大な実験場のようなものと考えられそう
ですね。

空港の件は私の場合は羽田そのものでやられました。
当時でも最大の人員数を動員して(家族単位で)チケットを買わせ、私の移動を阻んで来ました。
単なる妨害ではなく、前日からはっきりと「処分する」と創価側の人間から発言されてますので、その夜こそ
絶対に殺すつもりだったようです。

モクレン URL 2008-09-27 (土) 22:22

世田谷さん

ブログへのリンクどうもありがとうございました。
手紙を出しても平気でしたか、加害者は…。本当にばれなければ何でもやるんですね。
人間性というものを信じられなくなります。

私も日本で被害を受けていたときは近隣加害者とそ知らぬ顔で付き合っていました。
当時は本当に何もできなかったんです。
日本の加害行為の激しさは本当におかしいです。
普通の人間のふりをして生活していながら裏では殺人行為をしている人間が
あちこちにいる世界にいつの間にかなっていたなんて、本当に信じたくありません。
大人数で人間を狩る思想は狩猟民族っぽい感じがします。

海外脱出の件、なにかお役にたてそうなことがありましたらご連絡ください。
今はまだ大変でしょうが、希望は必ずあるはずです。
一日も早く世田谷さんの被害が軽くなることを願っています。

2008-11-29 (土) 20:02

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form

Trackback+Pingback:1

TrackBack URL for this entry
http://gangstalkinginde.blog59.fc2.com/tb.php/40-04061477
Listed below are links to weblogs that reference
Mind Control Victims Japan 始めます from 集団ストーカー in ドイツ
Trackback from 2012-10-27 (土) 14:23

-

管理人の承認後に表示されます (more…)

Home > 連絡 > Mind Control Victims Japan 始めます

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。