Home > スポンサー広告 > 最近の加害行為/学生からの嫌がらせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://gangstalkinginde.blog59.fc2.com/tb.php/23-47c3c3e1
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 集団ストーカー in ドイツ

Home > スポンサー広告 > 最近の加害行為/学生からの嫌がらせ

Home > 集スト被害 in ドイツ > 最近の加害行為/学生からの嫌がらせ

最近の加害行為/学生からの嫌がらせ

最近、騒音による精神破壊行為は威力をほとんど失っています。

車両による付回しも相変わらずですが、騒音と同様に、私のほうで脅威を感じることが極端に少なくなっています。視覚による恐怖感植え付けも失敗していると言ってよいでしょう。日本で受けた精神的威圧感の条件付けは、どんどん解けていっています。

これは、アンカリング(条件付け)の強度・頻度が不十分なためと言えます。日本の集団ストーキングの異常な激しさを体験したあとでは、おそらくどの被害者もドイツの加害行為を「軽い」と捉えると思います。それほど日本は異常なのです。

電磁波攻撃は非常に弱いもので、筋肉をピクピクと痙攣させられているようです。

街中で見かける人的嫌がらせの参加者の傾向がだんだんわかってきました。最近はこういった小さな嫌がらせが行われているようです。

・街を歩いているときに周囲で騒ぐ・道をふさぐ(学生グループ)
・スーパーなどで買い物をするときに、あらかじめ盗聴で調べておいた、私の買いたいものの周辺を大人数で封鎖し、近寄れなくする(学生グループ)(これは日本でも体験済み)
・スーパーでわざわざこちらに近寄ってくる(学生)

バイト感覚で気楽に頼まれて、気楽に参加しているような学生、といった印象を受けます。その中にはアジア系学生が含まれていることがあります。他に、加害側の人間と思われる人のなかには、駅前でたむろをしているアルコール依存症の若者グループ、洗脳されていると思われる少し表情のおかしな人、などがいます。

そういえば、先週は加害的サイレンが少なかったようです。この周辺では、多数の警察官が導入された大きな事件がありました。私のような、取るに足らない人間を追い掛け回して遊んでいる余裕があったら、事件を起こすと思われる人物をきちんと観察してください。非常に怒りを感じます。今回、この事件で被害にあったのはわずか8歳の少女でした。ご冥福をお祈り申し上げます。


そろそろ、ドイツ国内での活動を本格的に始めようと思っています。
加害者の方は気をつけてください。私はドイツでは被差別人種となりうる日本人です。どのような方法・形であれ、被害を被害として報告していくつもりです。

そして、日本の実態を海外の人にも知ってもらうために、広報活動を続けます。
故郷の思い出を汚された怒りは一生忘れません。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://gangstalkinginde.blog59.fc2.com/tb.php/23-47c3c3e1
Listed below are links to weblogs that reference
最近の加害行為/学生からの嫌がらせ from 集団ストーカー in ドイツ

Home > 集スト被害 in ドイツ > 最近の加害行為/学生からの嫌がらせ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。