Home > スポンサー広告 > 集団ストーカー被害/マインドコントロールでの自殺誘導は可能です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

某国の難民 URL 2008-08-19 (火) 21:19

どういった過程で自殺を誘導されたのか非常に興味があります。

私の場合は、NSA、CIA、FBI(本物、なぜなら通っていたサンノゼ州立大学が学生の就職を推薦してたから)がアパートを占拠してそこから化学兵器を用いた精神誘導が行われていたみたいです。音声送信にも幾つかの過程があったようで、初期は切れて暴れるなどを予測して周囲に警備員を配置するように仕向けていたようです。

私の場合も最初に音声送信が聞こえ始めて一ヶ月ほどはマインドコントロールを試されていたようです。ホームページのほうに書く予定ですが、初期は喋っている人たちが二手に分かれて私の批判をするといった感じでした。その状態では私が白か黒かの中間やその議論を放棄することはできず、ただ一方的に非難される状況に陥って非難する声を聞き続ける状況になるのを防ぐために延々と思考の中で私の正当性を証明するように仕向けられたりもしました。同じような手法が英語と日本語の別の語り手によってされたので、これは各言語に訳されたマインドコントロール方法かもしれません。

日本的なマインドコントロール方法だと、男性の声でエコー付きで「何でお前はいつもそういうふうに・・・」とか他の人たち(私に精神的虐待をしていたSJSUの学生とか)のことを考えろとか、彼らの正当性を認めて責任を取れみたいな説得を試みてました。こういうのって、公安の人たちが容疑者の説得に使ったりしてるんでしょうかね?帰国子女にそんなもん通用するわけないから、変なこと喋ってるなーとか思ってこれは記憶に残ってます。たぶん、日本の政治家で自殺した人なんか、この方法にやられてる気がします。

モクレン URL 2008-08-24 (日) 10:21

当時のことを扱うのは実はまだ心理的に抵抗があります。まとめるのにもう少し時間がかかるかもしれませんが、忘れないうちに書き留めておきたいと思っています。忘れられるはずもないのですが…。

私の場合、明確な他人の意識が感じられるマインドコントロールは初期だけでした。声が聞こえるというよりは、意思が感じられて、こちらの問いかけにも意思が帰ってくるという感じでした。身体誘導、視線誘導をしばらくされましたが、気付いたときにすぐ拒否をしていたら、次第になくなっていきました。

現在も、音声なしの無意識下でのマインドコントロールを受けている可能性が高いです。寝入りばなに、時々自動的にうなずいていることを感じたことがあります。質問を無意識下でされて、それに答えているのかもしれません。

催眠状態と非常によく似ていると思います。そういえば、以前よりも自己催眠をかけやすくなっています。この体質を逆利用して初期は肯定的方面に自分を自己催眠で誘導していました。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://gangstalkinginde.blog59.fc2.com/tb.php/16-ccceec61
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 集団ストーカー in ドイツ

Home > スポンサー広告 > 集団ストーカー被害/マインドコントロールでの自殺誘導は可能です

Home > 集スト被害 in 日本 > 集団ストーカー被害/マインドコントロールでの自殺誘導は可能です

集団ストーカー被害/マインドコントロールでの自殺誘導は可能です

(しばらくこの記事をトップに置きます)

集団ストーカーについてご存じないかたは、ぜひ知ってください。

2008年5月中旬、鉄道自殺に誘導されました。

家を出る直前に、自分の生命力に救われました。
身体操作・意識操作をされ、遺書を書かされ、死ぬ服を選ばされました。


電磁波(あるいはその他の何か・このブログでは電磁波としておきます)によるマインドコントロールを被害初期に受けました。マインドコントロールによる自殺誘導は可能だと体験から確信しています。ちなみに私の場合、被害は初期が一番酷く、次第に加害は弱まっていきました。



集団ストーカーという犯罪。この、スキャンダルと呼ぶには甘すぎる広範な組織犯罪のことを早く一般の方に知ってもらう必要があります。日本の自殺者の一部には、この集団ストーカーの一連の被害にあっていた方が必ずいるはずです。

集団ストーカーについてご存じないかたは、ぜひ知ってください。

これはあなたのすぐ隣で起こっている殺人行為です。

同じ駅で同じ電車を待っている人の中に被害に遭っている方がいるかもしれません。
大きな駅前で、突然サイレンが聞こえたら、その中心には被害者がいるかもしれません。
最近、家の周りが騒々しくないですか?
ヘリやパトカー、救急車、バイクの騒音、突然始まった道路工事 etc. あらゆる神経を苛立たせる騒音が急に増えませんでしたか?
この犯罪にはご覧の通り、警察・消防署・自衛隊などの参加が疑われています。あなたの税金は善良な一市民を精神的に追い詰める、愉快犯的な無駄遣いに使用されています。

海外に単身でお住まいの方。くれぐれもご注意ください。
この被害者には誰でもなる可能性がありますが、狙われやすいとされている被害者像があります。ご自分で確かめてください。

私はいわゆるスピリチュアルや精神世界を信じない人間でした。でも、今は集団ストーカー被害に遭っている方の報告を信じられます。妄想だと片付け、個人の問題にしておくにはあまりにも危険な犯罪です。この犯罪の被害者は世界中にいて、被害者団体も世界中に存在しています。

被害者になってからでは遅いのです。
私のように、最初にいきなり自殺誘導されないとも限りません。私はこの犯罪について何もしらず、明日は今日と同じだと何も疑わずに生きていました。それが一瞬で覆され、死を覗き込む寸前まで追いやられたのです。自分の意思ではなく、他人の意思に操作されて。

人はたった一日で統合失調症、あるいは自殺を望むほどの重度の鬱状態になるのでしょうか?そしてその後たった数ヶ月で薬も飲まずに全快し、自転車に乗り外出を楽しみ、海外への旅行計画を立て、ブログを作れるものなのでしょうか?

色々な被害者の方の声を聞いてください。お願いします。今被害にあっている方だけの問題ではないのです。加害者は巧妙に姿を隠しています。あなたの知人の中にも加害者側の人間は必ず一人はいると思ってください。加害者の手口を知って、自衛してください。

情報はあなたを守ります。自分の意思で情報を集め、あなたの家族・友達・知人を守ってください。
ネットを検索してください。

この犯罪は世界中に実在します。


参考リンク
AGSAS 警察官よりの証言
集団ストーカー問題を取り上げた政治ブログ
NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 私達が受けている被害について(一般の方へ)
○○学会問題ミニ知識

スポンサーサイト

Comments:2

某国の難民 URL 2008-08-19 (火) 21:19

どういった過程で自殺を誘導されたのか非常に興味があります。

私の場合は、NSA、CIA、FBI(本物、なぜなら通っていたサンノゼ州立大学が学生の就職を推薦してたから)がアパートを占拠してそこから化学兵器を用いた精神誘導が行われていたみたいです。音声送信にも幾つかの過程があったようで、初期は切れて暴れるなどを予測して周囲に警備員を配置するように仕向けていたようです。

私の場合も最初に音声送信が聞こえ始めて一ヶ月ほどはマインドコントロールを試されていたようです。ホームページのほうに書く予定ですが、初期は喋っている人たちが二手に分かれて私の批判をするといった感じでした。その状態では私が白か黒かの中間やその議論を放棄することはできず、ただ一方的に非難される状況に陥って非難する声を聞き続ける状況になるのを防ぐために延々と思考の中で私の正当性を証明するように仕向けられたりもしました。同じような手法が英語と日本語の別の語り手によってされたので、これは各言語に訳されたマインドコントロール方法かもしれません。

日本的なマインドコントロール方法だと、男性の声でエコー付きで「何でお前はいつもそういうふうに・・・」とか他の人たち(私に精神的虐待をしていたSJSUの学生とか)のことを考えろとか、彼らの正当性を認めて責任を取れみたいな説得を試みてました。こういうのって、公安の人たちが容疑者の説得に使ったりしてるんでしょうかね?帰国子女にそんなもん通用するわけないから、変なこと喋ってるなーとか思ってこれは記憶に残ってます。たぶん、日本の政治家で自殺した人なんか、この方法にやられてる気がします。

モクレン URL 2008-08-24 (日) 10:21

当時のことを扱うのは実はまだ心理的に抵抗があります。まとめるのにもう少し時間がかかるかもしれませんが、忘れないうちに書き留めておきたいと思っています。忘れられるはずもないのですが…。

私の場合、明確な他人の意識が感じられるマインドコントロールは初期だけでした。声が聞こえるというよりは、意思が感じられて、こちらの問いかけにも意思が帰ってくるという感じでした。身体誘導、視線誘導をしばらくされましたが、気付いたときにすぐ拒否をしていたら、次第になくなっていきました。

現在も、音声なしの無意識下でのマインドコントロールを受けている可能性が高いです。寝入りばなに、時々自動的にうなずいていることを感じたことがあります。質問を無意識下でされて、それに答えているのかもしれません。

催眠状態と非常によく似ていると思います。そういえば、以前よりも自己催眠をかけやすくなっています。この体質を逆利用して初期は肯定的方面に自分を自己催眠で誘導していました。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://gangstalkinginde.blog59.fc2.com/tb.php/16-ccceec61
Listed below are links to weblogs that reference
集団ストーカー被害/マインドコントロールでの自殺誘導は可能です from 集団ストーカー in ドイツ

Home > 集スト被害 in 日本 > 集団ストーカー被害/マインドコントロールでの自殺誘導は可能です

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。